ホーム - 競売代行

セレクトハウジングの競売代行 安心サポートパックのご案内

当社では安心して競売入札に参加できるよう入札代行サポートを行っております。
競売で物件を購入すると市場価格より安く購入できる反面、すべての責任を負わなければならないというデメリットがございます。
「どの物件に目をつけるか」の段階よりお客様の目線に立ち、競売入札代行をサポートさせていただきます。
もちろん相談は無料ですのでお気軽にお問合せください。

1.「競売」とは
銀行からお金を借りて不動産を買った人が、不況によるリストラや倒産その他の理由でローンの支払いができなくなった時、裁判所が差し押さえて一番高く買ってくれる人(企業)に売却し、その代金を債務の返済に充てるシステムのことをいいます。 競売物件は、一般の市場価格より2〜3割程度安くなるため、不動産会社だけでなく一般消費者が競売に参加するケースが増えています。
▲トップページへ
2.競売物件のメリット
競売のメリットといえば、市場にて売りに出ている価格よりも安く(2〜3割程度)購入できる可能性があることです。 競売はオークションなどと同じような制度ですので、スタート価格をもとにその不動産価格の80%から上限無しで様々な参加者が入札を行います。仮にスタート価格(基準価格)が1,000万円の場合、運が良ければ800万円で落札することも可能です。 しかし権利関係が複雑なことが多く、専門家のアドバイスを要する不動産も売却されています。
▲トップページへ
3.競売物件のデメリット
  • ・物件の調査や下見が困難であること
  • ・売主の協力が得られないこと(不動産所有者)
  • ・買受手続きが複雑であること
  • ・占有排除の必要性がある
  • ・現状渡しの為、購入したあとの保証がない
  • ・保証金・残代金の一括支払
▲トップページへ
4.競売の流れ
  • (1) 物件公示
    ・競売物件の公告などまたは、ネット・新聞を閲覧しながら希望の物件を探す。
  • (2) 管轄の地方裁判所で物件概要の明細書などを確認する
    ・管轄の地方裁判所の閲覧室に、「物件明細書」「現況調査報告書」「評価書」が3点セットで備えてありますのでご確認ください。
  • (3) 希望物件の現地調査
    ・物件明細書、現況調査報告書、評価書で所在地、写真、図面などが自由に閲覧できます。
  • (4) 保証金の納付(最低売却価格の2割)
    ・保証金の支払時に住民票などの書類が必要になります。
  • (5) 入札期間に希望物件の入札を行なう
  • (6) 開札
    ・開札期日に執行官が入札参加者立会いのもとで封を開け、最高価買受申出人を決定します。
  • (7) 売却許可の決定
  • (8) 代金の納付
    売却許可決定が確定した日から1ヵ月以内の日を裁判所が定める。
  • (9) 所有権の移転登記
  • (10) 競売物件の引渡し
▲トップページへ
5.各種諸費用に関しまして
  • ・基本調査手数料 21,000円
    (3点セットの取得、現地・周辺調査・占有者調査、調査報告書提出・入札価格助言まで)
  • ・成功報酬手数料 競売落札価格の3.15% 。但し最低手数料315,000円といたします。
競売についてのお問合せはこちら!